TOP

風俗で働くと決まったら、まずは当サイトの体験談をお読み下さい!きっと役に立ちますよ!

高知県の出稼ぎ専門のデリヘル風俗店の求人に応募した結果

高知県高知市の出稼ぎを専門としているデリヘル風俗店に先日求人応募しました25の女性です。求人の応募というだけなのになかなか緊張しましたし、勇気がいりました。今では結果的に良かったと思えますし、働き先が決まったことに安堵しています。私がデリヘル風俗店の求人に応募したきっかけについて話していきたいと思います。私は風俗店の求人サイトを色々見て回ってどれが良いか決めていました。正直、どれも同じことが書いてあったので重要なのは働くエリアなのかな?とおもっていた矢先に少し変わった切り口で求人募集しているお店があって気になってその風俗求人サイトを見てみたのがきっかけです。私が見て思ったのはどのお店も高待遇を餌に女の子の求人応募を待っています。その高待遇は入店祝い金や日給最低保証等働く上でメリットしか無いもので正直私は前職でこのような事で騙された経験があるので眉唾ものでした。そして、念のため候補として入れておきましたが、デリヘル風俗店の求人サイトを探している最中で変わったデリヘル風俗店の求人サイトを見つけたのです。そのデリヘル風俗店は出稼ぎを専門としている高知県高知市のお店で、高待遇と言える入店祝い金や日給保証を前面から否定していたのです。経営側からするとそんな事出来るはずない、と。確かにそういった高待遇をこれから採用する女の子全てに付けていってしまったらお店の利益はたかが知れています。むしろ店舗スタッフの給与を賄えるかどうかの問題です。そういった自店の首を占めてでも女の子を採用するお店が何処にあるか、と言わんばかりの求人サイトで私はこのデリヘル風俗店であれば信用できるかなとおもいました。またその出稼ぎ専門のデリヘル風俗店 求人サイトは店長自ら更新しているブログがあり、これが決め手だったかもしれません。お店の内情や今まで出稼ぎに来てくれた女の子の記録(給与とか出稼ぎを体験してみての感想)がのっており、ヤラセな感じが一切無く女の子の直筆であろうアンケート用紙を写メで撮って掲載していました。もちろん女の子の名前は伏せてありましたが、これはものすごく信用性につながります。出稼ぎで不安を抱く中、こういった心強いものがあればどの女の子も安心して出稼ぎでデリヘル風俗店で働けると思いました。風俗店で働く、ということは社会的にデメリットはあります。ですが、そのデメリットはバレた時だけで出稼ぎで地元から特に言ってしまえば身バレの心配もそんなに心配するほどではないと思えます。私はこの出稼ぎを専門としているデリヘル風俗店の求人に応募を決めました。店長さんと直接お電話をしましたが感じが良くてますます安心しました。


大塚のピンサロを研究してみた

大塚のピンサロといえば都内でも屈指の風俗人気地域でしょう。その理由の多くの安さに他なりません。つまり、風俗をとにかく利用したいという一定の層に非常に人気があると言えるでしょう。東京でも激安地域に属する大塚ですし、更にピンサロというファッションヘルスですので需要は非常に高いものがあり利用者の数は一般的な風俗街と同じくらいの規模感があると考えられます。こういった大塚のピンサロを利用する男性の層はかなり限られていると考えられます。というのも、ピンサロは若者にはあまり人気はなく、時代的な背景もありますが40~50代に非常に人気があると考えられます。そうなると安くて満足できる風俗という前に、安くなくても問題ないというくらいある程度の裕福さをもった層が利用していると考えられますし、1つの店舗を利用するだけではなく2店舗目を利用できるだけの体力・お財布事情も垣間見えます。ですので、抜き行為に限定した形での料金と回数とのバランスが多くの需要に繋がっていそうです。こういった状況はピンサロ特有ではありますが、大塚は人妻ジャンルも関わってくる地域です。そうなるとベースとなる基準の料金もやや下がっている傾向が強い為、利用者からすると気軽に使うことの出来る風俗という認識が加速しているのではないでしょうか。全国的には同じようなサービスのレベルでお店を運営している風俗店は多いでしょうから大塚に限ったことではありませんが、大塚に関してはイメージ的なものも色濃く出ておりピンサロの本場・発祥の地といわれるほどです。ですので、訪れたことのない男性も評判を聞きつけてどんなものかと足を運ぶことも多いことでしょう。とはいっても、店舗型ファッションヘルスですので直接店舗に行く必要があり、アクセス面を考えるとあまり便利であるとは言えません。池袋に滞在する機会があったり、大塚に途中下車できるようなタイミングがなければなかなかピンサロを利用する為に行くようなタイミングはなく、不便なところもあるかもしれません。


高級人妻デリヘルなる、新ジャンル

デリヘルと言えば今いるホテルや自宅に女の子を派遣してくれる、気軽に便利に利用できる性風俗サービスですがデリヘルと一口に言ってもジャンルやコンセプトによってそのお店が提供してくれるサービスが異なり、十人十色ではないですが各店舗ごとに特色があるので色んなお店を利用してみると面白いかもしれません。また価格帯によって差別化するデリヘル店もありますので、本当に様々なお店があることがわかります。そんな中で私が新しいと思うジャンルっを見つけました。その名も「高級人妻デリヘル」高級デリヘルなのに人妻という結構難しいのであろうジャンルなのに敢えてその分野で営業していくいくのは根性あるな…と。この高級人妻デリヘル店ですが私が思うに、20代後半の女性が中心に在籍しているような感じになるのではと思います。とう言うのも一般的に風俗業界では20代前半はまだ何も問題は無いのですが、20代後半になってくると所謂、人妻と呼ばれる区分になるのです。この線引は風俗店によって異なりますが、大体は27歳~28歳で人妻という分類になります。純粋に人妻の言葉の意味を調べると「既婚者、または他人の妻」ということになりますが、風俗業界では人妻は年齢を示唆するものになっているのです。ですので、人妻風俗店に勤めている女性の中には未婚の方でも人妻と呼ばれてしまうのです。こういった業種では主に30代が中心となり、最上限では60歳近い女性までが働いていますので、風俗業界で骨を埋める方も少なくはないのです。話が脱線しましたが、私が見つけた高級人妻デリヘルは年齢はやはり20代後半の女の子、と言うか女性が中心で30代前半の女性も多く在籍しています。しかし、普段見慣れている人妻店と比べると何処か違和感があるんですよね。年齢もそうなんですが、ものすごく綺麗な女性が在籍しているんですよ。今も美しいのですが、若い時は芸能関係で働いていたんじゃないかと思うくらいに美しく、こういった方でないと高級の名は語れないなと感じました。高級デリヘルというジャンルは昔からあり、人妻が付いていないので察しは付きますが、若い女の子の中でも飛び抜けて可愛い、キレイな方を集めた風俗店になるのです。高級デリヘルの数が一般的なデリヘル店とくらべて店舗数が少ないのは運営の難易度が一般的なデリヘル店に比べて段違いに難しいからなんです。まずキャスト集めで大きな壁に当たります。普通に可愛い女の子ではなく、群を抜いて可愛い女の子を採用しなければならないのでちょっとやそっとでは見つかりません。一人見つかったとしてもお店を運営する上では複数人採用しなければいけませんので営業する前に課題が山積みなのです。かなり難易度が高い高級デリヘルですので、高給人妻デリヘルともなれば更に難易度は上がるのではないでしょうか。